私のこの一穴

肩こり・美容・痛みの緩和治療など、様々な症状に対応

みなさんが知らないツボ刺激の効果について、鍼灸師がご紹介します。

水分穴(すいぶんけつ)

丸山 彰貞

経穴の作用には、不思議な効果を発揮するものがあります。今から15年ほど前のことですが風邪をひいた学生が授業をうけていました。あまりにも鼻をズルズルさせているので、授業に身が入らないためハリ治療をすることになりました。鼻をズルズルさせている原因は、鼻淵ではなく風邪だったので、合谷、曲池、魚際といった風邪治療のツボを使うと思ったらしく、そのツボがある腕を私の前にだしてきました。

私は、腕のツボは使用せず、おヘソのすぐ上にある水分というツボに軽くハリをしました。みなさんもご存知のとおり、風邪をひいた時の鼻水はなかなか止まりません。ところが、このツボにハリをしたところとたんに鼻水が止まったのです。なんでこんなに早く鼻水が止まったのか、不思議でたまらない様子でした。

この水分穴は、水を分けると書きます。このツボの後ろには小腸という全身の水をコントロールする内臓器があります。そのため、このツボを刺激すると全身の水分バランスが良くなるのです。出過ぎているところは少なくして、少ないところは多くします。この学生は、鼻水が出るようになって便が硬くなりコロコロとして苦しんでいたようです。このツボにハリをしてから、鼻水は少なくなり、便に水分がもどり楽になったと翌日話してくれました。

ツボには様々な、不思議な作用があります。鍼灸師はこの作用を上手につかって患者さんの苦痛を取り除くようにしています。