リハビリテーション学科 作業療法学専攻

専門力と教養を身につけ、
暮らしを取り戻す力になる

「作業」とは食事や入浴など、日常生活に関わる活動のこと。
治療手段としての作業を通して、心身に障がいを持つ人の
機能回復や社会適応能力を支援するのが作業療法士です。
幅広い知識・技術を学び、国家試験合格をめざします。

主な4つの専門領域に対応

作業療法4領域のそれぞれの専門家が揃った教授陣による指導で、各専門領域を総合的に学習。
各領域の学びに対応できる専門的な設備・備品を完備しています。

カリキュラム

横スクロールで、各学年のカリキュラムをご確認ください。

は卒業に必要な必修科目です。

カリキュラムの特長

1年次は、医療の基礎を徹底的に学びながら、4年制ならではの教養も身につけます。2年次以降は専門科目の他、グループワーク、ディスカッション、臨床実習を通して、最新の知識・技術を地域に還元できる力、新たなサービスを提案できる提案力なども養っていきます。

WFOTに対応したカリキュラム

作業療法士の質の保証を推進し、国際的にも認知度の高い「世界作業療法士連盟(World Federation of Occupational Therapists:WFOT)」。その基準に、本専攻のカリキュラムは対応しています。世界に通じる教育によって、これからの作業療法士を育成します。

MESSAGE

作業療法は、人の「心と身体」の両面にさまざまな作業活動を行いながら、活き活きと元気になるように促し、その人らしい生活が出来るように回復、援助していくものです。子どもから高齢者の方で、心身に何らかの障害があることで、生活することに困難さを伴っている人たちすべてを対象としています。作業療法の特徴は、人が暮らすために日常でおこなうすべての生活活動(着替えや食事、排泄など身の回りの活動、家事、仕事、余暇、その他の生活で行っているすべての作業)を「作業活動(作業)」として捉えます。これらの「作業活動(作業)」を行うことで、人の行動や心理により良い影響を与え、その人らしく生活できるように援助していくものです。
日頃みなさんが行っている楽しいと思う遊びや得意としている活動などが、作業療法を学ぶことで社会に役立つ可能性もあります。一緒に作業療法を学びましょう。

リハビリテーション学科

理学療法学専攻

お問い合わせ

資料請求