和歌山保健医療学部リハビリテーション学科

人と地域を支えるために、
技術の研鑚に励み、心を育む

QOL(Quality of Life:生活の質)を高めるリハビリ専門職。
本学科では、そのための知識・技術を身につけるとともに、
学校や高齢者・障がい者のスポーツ領域への貢献など、
職域が広がるプラスアルファの教育を行います。
技術を磨き、心を育み、人と地域を支える次代の医療人へ。

[取得可能な資格]

[理学療法学専攻]理学療法士
国家試験
(受験資格)

[作業療法学専攻]作業療法士
国家試験
(受験資格)

◎その他の資格:日本スポーツ協会認定資格(詳細は未定)、
中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)[選択制]*
※ 卒業に必要な教育課程とは別に他大学と連携して、取得可能なプログラムを用意

リハビリテーション学科 
学科長

小林 茂教授

KOBAYASHI Shigeru

「治療」だけにとどまらない、
「治療とプロモーション」ができる
セラピストへ

本学科では、最新の知識・技術を地域に還元できる理学療法士、作業療法士を育成します。
患者様の身体機能の回復・維持には、日々の運動が欠かせません。そして、身体機能や生活水準などの改善、または低下防止のための理学療法・作業療法は、患者様一人ひとりに合った運動や生活スタイルのアドバイスでなければなりません。めざすのは、地域・在宅サービスのあり方を把握した上で、「治療とプロモーション(提案・実現)」で力になれるセラピストです。

近年ではセンサ技術の向上によって、非接触の軽量なセンサ機器を用いたさまざまな訓練機器や評価機器、ネットワークシステムが開発されています。しかし、和歌山県内には十分な医療・福祉サービスを行うことができない地域もあり、新たなサービス体制の構築が課題です。例えば、従来のネットワークに加えて、見守り機能を有した手軽な自宅訓練機器などが導入されれば、治療の相乗効果も期待できるでしょう。

本学科の使命は、最新のリハビリ機器の導入および、その操作ができる理学療法士や作業療法士の育成を通して、地域の医療・福祉に貢献すること。また、希望者に対しては、大学院への進学サポートもしっかりと行います。
以上を踏まえて、最新のリハビリテーションをいち早く地域に還元できる人材を育成していきます。

– 学科の概要 –

豊かな保健・医療・福祉社会の実現を担う、医療専門職である理学療法士と作業療法士。
患者様が健康と笑顔を取り戻せるように、めざすのはリハビリテーション医療の高度な知識や技術とともに、
チーム医療における生活活動支援の専門家としての判断力や応用力を身につけたセラピストです。

理学療法学専攻

情報系から地域連携まで、
可能性を広げる多彩な学び

理学療法士としての基礎力・応用力はもちろん、
情報分野をはじめ、最先端の知識・技術まで学べるのが特長。
さらに、地域を深く理解できる授業「わかやま未来学」や、
和歌山県立医科大学との連携教育なども準備しています。

理学療法学専攻

作業療法学専攻

専門力と教養を身につけ、
暮らしを取り戻す力になる

「作業」とは食事や入浴など、日常生活に関わる活動のこと。
治療手段としての作業を通して、心身に障がいを持つ人の
機能回復や社会適応能力を支援するのが作業療法士です。
幅広い知識・技術を学び、国家試験合格をめざします。

作業療法学専攻

– 担任制度の紹介 –

担任(チューター)制について

理学療法学専攻2クラス、作業療法学専攻1クラスとし担任制を敷いています。90%以上の学生が高校より進学してきます。大学は高校とは違い自らが学び、自らが行動できることを目標としますが、高校まで、頼れる限定された先生の存在に慣れている皆さんは、そう簡単には切り替えができないでしょう。私たちは学科全教員がいつでも、どんなことでも「まず受け入れる」ことをコンセプトにしています。その情報のとりまとめと発信元が担任(チューター)です。どんなことでも相談はまず担任にしてみてください。学生一人ひとり見落とすことなく支援していくことによって、大学での生活や学習不安を解消して滞りをなくすことができると考えています。

– 海外研修 –

さらに幅広い知識と技術の習得を目的に、
希望者に対して海外研修を行っています。

ベトナム
[解剖研修]

ホーチミン市医科薬科大学で、メスを使った解剖実習も。

ロサンゼルス
[トレーナー研修]

トレーニングやリハビリなど、プロスポーツの現場を体感!

お問い合わせ

資料請求