和歌山保健医療学部リハビリテーション学科

人と地域を支えるために、
技術の研鑚に励み、心を育む

QOL(Quality of Life:生活の質)を高めるリハビリ専門職。
本学科では、そのための知識・技術を身につけるとともに、
学校や高齢者・障がい者のスポーツ領域への貢献など、
職域が広がるプラスアルファの教育を行います。
技術を磨き、心を育み、人と地域を支える次代の医療人へ。

[取得可能な資格]

[理学療法学専攻]理学療法士
国家試験
(受験資格)

[作業療法学専攻]作業療法士
国家試験
(受験資格)

◎その他の資格:日本スポーツ協会認定資格(詳細は未定)、
中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)[選択制]*
※ 卒業に必要な教育課程とは別に他大学と連携して、取得可能なプログラムを用意

和歌山保健医療学部3つのポリシー

1ディプロマポリシー

本学の教育理念・目標を達成するため、学部共通教育(教養教育)専門基礎教育(基礎医学及び臨床医学の教育)、専門教育を通じて下記に掲げる幅広い教育を行い、基準となる単位数を修得することを学位授与の要件とします。

豊かな人間性と
高い倫理観

「多様な文化、思想、歴史及び自然科学に関する幅広い素養」を持ち、生命を尊重し、人間の尊厳に関する深い洞察力を培います。

社会の要請に
応えうる知識と技術

学部・学科に関わる職業の現場で要求される専門的な知識と技術に加え、コミュニケーションスキルや情報処理能力などの社会人としての能力(コンピテンシー)を身につけます。

論理的思考力

自然や社会の現象を普遍的な尺度や数量的指標を用いて科学的に理解する能力を養います。

高い創造性と
問題解決能力

思考プロセス(事実の把握、問題点の発見、さらに仮説の検証を自ら行う)に基づき、自らすじみちを立てて解決策を見出すことができる能力を養います。

2カリキュラムポリシー

保健医療学部では、学位授与の方針に掲げる知識・技能などを修得させるために学部共通科目、専門基礎科目、専門科目の3分野に授業科目を配置し、各学年(年次)に体系的に配当します。

学部共通科目は、幅広い教養と医療人として必要な高い倫理観・道徳心を身につけることを目的とした科目で構成され、主に1年次から2年次において開講します。
専門基礎科目は、医療の基礎となる内容を身につけることを目的とした科目で構成され、1年次に正常な人体の構造とはたらきを学び、学年の進行に従い病気や障害、臨床に関する内容を学びます。

専門科目は、各学科の専門的な領域の知識及び技術を身につけることを目的とした科目で構成され、1年次に概論的な内容を学び、学年の進行に従い臨床に即した専門的な内容に進みます。
また、臨床現場での教育を行う臨床実習や、卒業研究も専門科目に含まれます。

3アドミッションポリシー

本学が求める学生像と受け入れの基本方針は次のとおりです。
(1) 思いやりと優しさを備え、協調性に富む人。
(2) 健康の維持・増進に強い関心があり、何事にも意欲的に取り組む姿勢のある人。
(3) 医療専門職業人として健康な社会の形成や発展に貢献したい人。
(4) 基礎的な学力とコミュニケーション能力を持っている人。
(5) 自主的に学ぶ姿勢と、論理的で柔軟な思考能力を持つ人。

リハビリテーション学科
学科長

小林 茂教授

「治療」だけにとどまらない、
「治療とプロモーション」ができる
セラピストへ

本学科では、最新の知識・技術を地域に還元できる理学療法士、作業療法士を育成します。
患者様の身体機能の回復・維持には、日々の運動が欠かせません。そして、身体機能や生活水準などの改善、または低下防止のための理学療法・作業療法は、患者様一人ひとりに合った運動や生活スタイルのアドバイスでなければなりません。めざすのは、地域・在宅サービスのあり方を把握した上で、「治療とプロモーション(提案・実現)」で力になれるセラピストです。

近年ではセンサ技術の向上によって、非接触の軽量なセンサ機器を用いたさまざまな訓練機器や評価機器、ネットワークシステムが開発されています。しかし、和歌山県内には十分な医療・福祉サービスを行うことができない地域もあり、新たなサービス体制の構築が課題です。例えば、従来のネットワークに加えて、見守り機能を有した手軽な自宅訓練機器などが導入されれば、治療の相乗効果も期待できるでしょう。

本学科の使命は、最新のリハビリ機器の導入および、その操作ができる理学療法士や作業療法士の育成を通して、地域の医療・福祉に貢献すること。また、希望者に対しては、大学院への進学サポートもしっかりと行います。
以上を踏まえて、最新のリハビリテーションをいち早く地域に還元できる人材を育成していきます。

– 学科の概要 –

豊かな保健・医療・福祉社会の実現を担う、医療専門職である理学療法士と作業療法士。
患者様が健康と笑顔を取り戻せるように、めざすのはリハビリテーション医療の高度な知識や技術とともに、
チーム医療における生活活動支援の専門家としての判断力や応用力を身につけたセラピストです。

理学療法学専攻

情報系から地域連携まで、
可能性を広げる多彩な学び

理学療法士としての基礎力・応用力はもちろん、
情報分野をはじめ、最先端の知識・技術まで学べるのが特長。
さらに、地域を深く理解できる授業「わかやま未来学」や、
和歌山県立医科大学との連携教育なども準備しています。

理学療法学専攻

作業療法学専攻

専門力と教養を身につけ、
暮らしを取り戻す力になる

「作業」とは食事や入浴など、日常生活に関わる活動のこと。
治療手段としての作業を通して、心身に障がいを持つ人の
機能回復や社会適応能力を支援するのが作業療法士です。
幅広い知識・技術を学び、国家試験合格をめざします。

作業療法学専攻

お問い合わせ

資料請求