和歌山保健医療学部

和歌山県内の高いニーズに応え、
医療と社会をつなぐ「医療人」へ

和歌山県における理学療法士、作業療法士の求人はいずれも約5倍※。
需要が供給を上回る状況です。
2020年、宝塚医療大学はJR和歌山駅から徒歩8分の好立地に、
和歌山保健医療学部リハビリテーション学科を新設。
応用力と人間力を備え、業界のリーダーとして活躍できる人材の
育成を目指し、ともに歩んでいきます。 ※和歌山県医務課 平成27年度調査による

建学の精神

SPIRIT

徳義の涵養と人間性尊厳の実践を理念とし、
医療人たる社会的責務を
自覚せしめ、国際社会に伍して恥じぬ恒心を持つ、
有徳の人材を育成する。

教育目標

EDUCATIONAL GOALS

豊かな人間性と幅広い教養、高い倫理観とコミュニケーション能力、理論的思考力、研究する旺盛な意識を持った医療専門職の育成を目指す。

  • 1.幅広く深い教養と豊かな人間性を身につけるための教養教育を行う。
  • 2.医療専門職として必要不可欠な基礎・臨床医学の知識を修得するための専門基礎教育を行う。
  • 3.専門分野についての理解を深めるとともに、医療現場での実践能力を備え、さらに、科学的視点に立った研究の素養を身につけるための教育を行う。

- 理事長・学長 MESSAGE -

学校法人 平成医療学園 理事長
宝塚医療大学 学長

岸野 雅方
KISHINO Masami

新しい大学の歴史を共に築く
高い志をもつ人を待っています

宝塚医療大学は、「業界の後継者を、業界人自らの手で育成したい」という思いから出発しました。
これまで培った「地域連携」・「実学」・「国際性」・「開放性」の学風を基に、今回、県や業界団体から多くのご支援をいただいて、和歌山の地に新学部を開設しました。
真新しいキャンパスで、学生、教職員、地域、諸機関が一体となって、新しい大学の歴史を共に築いていきたいと願っています。
教職員一同、高い志をもった学生を全力で応援する体制を整えて、皆さんをお待ちしています。

学校法人 平成医療学園 理事長 宝塚医療大学 学長

岸野 雅方
KISHINO Masami

- 学部長 MESSAGE -

医療人を育む環境

和歌山保健医療学部 学部長

岸岡 史郎
KISHIOKA Shiroh

和歌山保健医療学部 学部長

岸岡 史郎
KISHIOKA Shiroh

社会に貢献する作業療法士・
理学療法士・看護師を目指す皆さんへ

少子高齢化が急速に進む中で、保健、医療、福祉のあり方に社会の関心が高まっています。その中で、病気を持つ患者の日常生活活動の改善に中心的役割を果たしているのが、看護はもとよりリハビリテーション医学です。宝塚医療大学 和歌山保健医療学部は、社会の要請を受け、より良い保健医療福祉の担い手となる作業療法士や理学療法士の育成を目指して、令和2年4月、和歌山の地にリハビリテーション学科を開設しました。さらに、令和4年4月には看護学科も併設し、和歌山保健医療学部は、リハビリテーション学科と看護学科の2学科を持つ学部として心新たに再出発いたしました。和歌山保健医療学部内に2学科を設置したのは、これからの医療にはチーム医療が欠かせず、チーム医療の基礎となる多職種連携教育を柱としたケアマインド教育を目的としたためです。本学の教職員は、学生の皆さんとの交流を大切にし、人々の健康を支援する医療人としての皆さんの成長を温かく見守り続けています。

お問い合わせ

資料請求