宝塚医療大学

和歌山保健医療学部ならではの特徴

大学生は社会や職業社会への「移行期」にあたり、自らの将来・人生をおおまかにでもしっかりと設計できることが大切です。セラピストとしての職業生活の中で自分が何を実現しようとするのか、リハビリのセラピストという職業に対してどういう意味付けをするのか。自分はどのような道を歩み、そのためには何をすべきなのか。これらの課題を教育課程の中で位置づけられたキャリア教育を通して、身につけるべき能力を明確化し一人ひとりのキャリア形成・発達を促進させながら、入学から卒業までを見越したキャリア教育を展開します。

最先端技術を取り入れた授業科目で学ぶ
常に発展・改良される生活支援機器やシステム。
本学では県立和歌山医科大学と連携し、最先端医療技術に対応できる、柔軟で高度な能力を持った理学療法士・作業療法士を養成する。
学生一人ひとりが丁寧な指導を受けられる
担任制によって、授業はもちろん学生生活までしっかりサポート。
一つのコンパクトな建物、実習担当教員の配置、少人数制ゼミなどにより、個々の学生に寄り添うきめ細かな教育を実践する。
発展的な学びで応用力を鍛える
海外研修をも含めた発展的なカリキュラムで学びを深め、国際的な医療に対応できる柔軟な応用力を養成。四年制大学ならではの卒業研究によって論理的な思考力を高め、国家試験合格も確実なものとする。
質の高い実習で実践的なスキルを磨く
豊富な学内実習だけでなく、専門領域に応じて、近隣の病院や施設と連携した臨床実習を実施。和歌山色の濃い実習経験により、将来、地域の臨床で求められる基本的な能力が修得できる。

中学校教諭・高等学校教諭一種免許状
(保健体育)

医療系国家資格に加え、中学校教諭・高等学校教諭一種免許状(保健体育)の取得が可能です。体育教員、クラブ顧問として生徒のスポーツ活動をサポートできます。教育現場では、ケガの予防や治療ができる医療知識のある教員の需要が高まっています。子どもたちの安全と健康を見守ることを通じて社会に貢献できます。
※ 2年次進学時に希望者の中から選考を行い、教職課程科目を通信教育で学びます。

独自の教育プログラム

EDUCATIONAL PROGRAM

わかやま未来学

和歌山について知識を深め、
明るい未来を考え、作っていく人材へ

皆さんは、これから、この大学での勉学を通して、未来の理学療法士や作業療法士として、少子高齢化の波など大きな社会変化の中で、それでも人に優しくて、住みよい地域を作っていく為に非常に重要で社会に有用な人材となっていくことを大いに期待しています。ケガからの復帰を願う人たちや、障がい者、高齢者の方々の身体機能改善に向けてのリハビリテーションや、予防活動を助けていくというお仕事は地域社会にとって非常に重要になってきます。これからのまちづくりや、都市の経営の中で必須の役割を担っていくことは確かです。
そういった社会に必要な人材になっていくであろう皆さんと、ぜひとも和歌山の未来を一緒に考え作っていきたいと思いこの講座を開きます。皆さんは、どんな未来にしていきたいですか?どんな社会になればよいと考えますか?その未来社会の中で君たちはどんな役割を担っていくでしょうか・・・和歌山というまちは、既に少子高齢化の波に洗われ、基幹産業がかつてほどの隆盛を見ず、商店街も閑散として、空き家も多くなってきています。でも、一方で、いいところもたくさんありますね。類まれなる風光明媚さ、興味深い歴史と文化、目の前でとれる新鮮な魚介類や野菜や果物、暖かい人たち、海外に開かれた国際空港までの近さ・・・まちづくりは、まずは和歌山の事を良く知る、そして、それを誇りに思うところから始まります。和歌山の歌、歌えますか?歴史上の人物の話をできますか?自分の身の回りのことを、例えば外国人に誇りをもって話せますか?まちにはいろんな人がいて、繋がり合っています。皆さんが多分直接的に関わる分野でも、お医者さんや、看護師さん、薬剤師さん、その他、健康福祉センターなど公的な方々とも連携しながら、地域包括ケアというものが考えられています。異なった立場の人たちが一人の人のケアに協力し合うわけですね。 更に、まち全体となると、大学や、企業、自治体、市民の方々といった異種異能の方々の連携、協調と協働が本当に必要です。国連が提唱していて、日本を含む全世界が行動規範としようとしているSDGs(持続可能な開発目標)というのをご存知だと思います。世界は、持続可能な社会を協働で作っていく必要があり、その為の17の目標が示されているものです。詳しくはここでは述べませんが、地球がサステナブル(持続していく)な惑星である為に、何をなしていかなければならないのか、ということが目標として示されています。皆さんの分野では、「目標3、すべての人に健康と福祉を」というのがあります。しかし、17の目標はすべて繋がっています。3から始まってすべての目標をストーリーにしていくことが必要です。その意味でも異分野、異業種の人たちの連携が必要だ、ということになるのです。皆さんが住んでいる地域の事を知ることから始まって、世界的規模の視点も持ちながらこれからの未来を、考えて、作っていくことが必要です。
これまで日本は、二回の大転換を経験しています。
一つ目は明治維新。二つ目は第二次世界大戦後です。
前者は、武士の時代から市民社会の時代に入りました。後者は、軍国主義の時代から経済主導の時代に変わりました。大きく変わる時代、その都度リードしたのは、若い人たちです。
今後の世界、そして日本がどう変わっていくのか。
新しい時代を担っていくのは皆さん方です。
皆さんと共に力を合わせ、一緒に考え、より良い行動を起こせるような講座を作り上げていきたいと願っております。

信時 正人
NOBUTOKI Masato

㈱エックス都市研究所理事、東京ガス㈱社外監査役、(一社) UDCイニシアチブ理事、ヨコハマSDGsデザインセンター長、他。
東京大学都市工学科卒。三菱商事㈱(情報産業、開発建設、金融)を経て、(財)2005年日本国際博覧会協会(政府出展事業(日本館及び政府主催催事) 企画・催事室長)、東京大学大学院特任教授(UDCKの立ち上げ等)、横浜市都市経営局都市経営戦略担当理事、温暖化対策統括本部長等歴任(横浜スマートシティプロジェクト、環境未来都市事業等推進)。
東京大学まちづくり大学院非常勤講師、神戸大学客員教授、横浜国立大学都市イノベーション学府客員教授、慶応大学SFC特任教授等、(一社)スマートシティ・インスティテュートエグゼクティブアドバイザー

著書等

  • 新建築 2014年7月別冊「団地のゆるさが都市を変える」
  • 共著「神山プロジェクトという可能性」~地方創生、循環の未来について~廣済堂出版(2016)
  • 共著「サステイナブル都市の輸出」学芸出版(2017)
  • 共著「ブルーカーボン」地人書館(2017)
  • 論文「横浜市の低炭素都市政策とアーバンデザインセンターの役割」BIOCITY 2018 No.73特集 “パリ協定の実現に向けた世界の都市デザイン”
  • 論文「スマートシティーへの胎動」(公社)日本都市計画学会誌 都市計画 2018 11 Vol.67 No.6 「特集:スマートシティーの到達点とこれから」

お問い合わせ

資料請求