サポート体制

学生生活と学習環境の
向上にむけたサポート体制

– キャリア支援 –

進学・就職をサポート

卒業後の進路に関する相談に随時対応します。進学、就職時の提出書類の記入方法と添削、
助言、面接指導のほか、求人紹介、就職試験・面接後、面接先へのフォロー活動を実施しています。

セラピストとしてのキャリア形成・発達を支援

大学生は社会や職業社会への「移行期」にあたり、自らの将来・人生をおおまかにでもしっかりと設計できることが大切です。セラピストとしての職業生活の中で自分が何を実現しようとするのか、リハビリのセラピストという職業に対してどういう意味付けをするのか。自分はどのような道を歩み、そのためには何をすべきなのか。これらの課題を教育課程の中で位置づけられたキャリア教育を通して、身につけるべき能力を明確化し一人ひとりのキャリア形成・発達を促進させながら、入学から卒業までを見越したキャリア教育を展開します。

進路を明確にする「キャリアシート」

「望ましい進路決定は、充実した学生生活の延長線上にある」という考えのもと、大学では「キャリアシート」を導入。「キャリアシート」とは、学生一人ひとりが自身の将来の希望進路を考えながら、学修・課外活動に対しての取り組み方を明確にし、有意義な学生生活を送るための支援ツールです。また、「キャリアシート」は教職員も共有し、担任面談やキャリア担当教職員面談に活用されます。この情報を基に、一人ひとりのキャリア形成を考えながら、個々に応じた学習指導や生活指導を行い、学生が目標に向かう道筋を形づくっていきます。「キャリアシート」は、入学時と進級するごとに作成し、毎年の目標をクリアにします。入学時は、一人ひとりの基本情報(高校時代に取り組んでいたこと、本学に進学した理由、大学4年間で何をしたいか、卒業後の目標など)を作成します。さらに基本情報を基に教職員が個人面談を実施し、学生の一年間の過ごし方についてアドバイスします。2年次以降も毎年進級時に、前年一年間を振り返り、年間目標を達成できたかをフィードバック。さらに、将来目標の確認と、当年度の目標設定を明記します。

学習支援

「キャリア開発センター」では担当教員と職員が相談員となり、全学生に対して個人面接を実施し、個々のキャリア発達をサポートします。その中では学習支援も大きな柱となります。教員の協力のもと、初年次教育に力を入れて学習の遅れの支援等を行い、4年次では国家試験対策への支援、就職活動のエントリーシートの書き方や面接対策のサポートも行います。

学生生活
スタートアップ講座
医療接遇
マナー講座
就職準備講座

医療系施設に来院される患者様や医療スタッフとの接し方、挨拶の仕方など、社会人としても必要なマナーを学びます。
学生生活スタートアップ講座では、これから始まる大学生活で必要な心構えや、基本的なマナーと身だしなみを、医療接遇マナー講座では、医療従事者となるうえで重要なホスピタリティ溢れる感性を身につけられるよう、特に実習前や就職活動前に実施します。

– 教員免許制度 –

本学各学科では、星槎(セイサ)大学との提携による「中学校教諭、高等学校教諭1種免許状(保健体育)」の取得制度があります。1年次入学時より、本制度に関する説明会を実施し、制度についての理解を図ります(全学科合計20名程度)。
2年次進級時に、希望者の中から学業成績、出席状況等をもとに選考します。
選考された学生は、本学の学業と合わせて教職課程科目を通信教育(一部スクーリング)により履修します。尚、在学中は一部の費用(毎年登録手数料3万円、3年次に介護等体験実習料1万円等)を除き、履修費用は本学が負担します。

– 学生サポート –

学生生活のことや就職、資格のことなど、将来の夢の実現に向けて、卒業まで強力にサポートしていきます。

少人数制のメリットとオフィスアワー

キャンパスがコンパクトであり、学生と教員は授業以外でも学内生活で常に触れ合うことができるので、学生は全教員の名前を覚え、その専門分野や個性をも知ることができ質問や相談内容で教員を選ぶことができます。教員は全学生の名前を覚えることを目標とし、常に情報交換がなされ集約と発信体制が整う中で学生指導をすることができます。落ちこぼれなしを目指します。
各授業後には各教員がオフィスアワーとして質問を受け付け教授する時間を設けています。
積極的にオフィスアワーを利用して理解度を上げましょう。

学生総合保険 [ Will3 ]

入学時に全員が加入する学生総合保険Will3では、実習中に誤って医療機器を破損した場合の修理代や、学内・学外でのケガの治療費などにも適用されます。何かあった時は大学事務局に相談してみましょう。
※保険金の支払いには一定の条件があります。

お問い合わせ

資料請求