理学療法学科

高度な技術や理論とともに、
チーム医療に求められる
判断力、応用力を身につける。

リハビリテーション医療に携わる理学療法士として、患者さんの状態を的確に判断する力と、
医師の指導のもと最適な治療プランを提案できる問題解決力を備えた人材を育成する発展的な学びを重視。
チーム医療の中で理学療法の分野をリードできる医療人を育んでいます。

学びのポイント

1.最先端技術を学ぶ授業科目

急速に発展・改良される理学療法機器やシステムなど、ハイテク化が進む最先端医療技術に対応できる、高度な能力を持った理学療法士を養成します。

2.学生一人ひとりを丁寧に指導

学年担任、副担任を中心に学業だけでなく学生生活もサポート。実習担当教員の配置、少人数制ゼミなどにより、きめ細やかな教育を行っています。

3.6つの専門分野を総合的に学習

理学療法の6分野それぞれの専門家が揃った教授陣による指導で、各専門分野を総合的に学べる環境。6分野の学びに対応できる最新施設も充実しています。

4.質の高い実習で実践的なスキルを磨く

豊富な学内実習に加え、専門分野に応じた施設と連携して臨床実習を実施。質の高い実習経験により臨床現場で求められる高度な力を修得します。

5.発展的な学びで応用力を鍛える

充実した応用系科目で発展的な学びを深め、高度化する医療に対応できる柔軟な応用力を養成。研究により論理的な思考力を高め、難易度があがる国家試験にも対応します。


「社会の要求に応えられるような知識・技術・人間性を高める」理学療法学科 学科長 小林 茂

 理学療法士には保健・医療・福祉各分野において、チームワークの中での一専門職としての役割を責任もって果すことが強く求められています。本学科ではそのような社会の要求に応えられるような知識・技術・そして人間性を高めるための素養を育成します。学内では各専門分野の講義、実習、演習を複数の教員で授業し、学外臨床実習においては、学生さんが指導を適切に受けられるためにバックアップ体制を確実なものとしています。
 また、担任制をとっていることや、1・2年生での基礎ゼミ、3・4年生での卒業研究ゼミでの指導を通して、小規模大学の特徴を大いに生かした個々一人一人の学生さんを丁寧に見ることで、学生さん個々の自発的な学習を支援しています。

学科内容

1年次 人との関わり方、豊かな人間性を養う。

幅広い教養を身につけるため、人文・社会・自然科学系外国語、情報処理、スポーツ系などの科目を履修。健常者の心身の構造や機能、身体運動、リハビリテーション概論、理学療法概論、基本的理学療法評価法についても学習します。また1年次より実技の授業も行います。


2年次 理学療法の基盤(知識・技術)を形成。

各種疾患、外傷における心身構造や機能の変化を学び活動・動作への影響を考えることで理学療法の基盤を形成。代表領域の理学療法治療学を学び、臨床実習への意識を高めます。さらに臨床見学実習を通じて、学内での知識を臨床で活用できる知識へと発展させます。


3年次 専門領域を学び、評価法についても学習。

運動器障害、スポーツ傷害、脊髄障害、神経系障害、呼吸循環障害、発達障害などの理学療法を専門教員から学び、各疾患において理学療法評価、治療プログラムの立案、基本的理学療法を実施できる力を修得。また臨床評価実習を通じて患者さんに対する理学療法評価、理学療法の過程を学びます。


4年次 提携施設での臨床実習で実践力を磨く。

大学と提携した学外臨床施設において、経験豊かな指導者のもと、患者さんに対して理学療法評価・理学療法を行う臨床実習を実施。卒業後に基本的な理学療法を実施できる能力を養います。また3年次より継続している理学療法研究法の演習をゼミ形式で行い、問題発見力、問題解決力、論理的思考力を高めます。



理学療法士国家試験合格率72.7%
取得可能な資格

●質問・お問い合わせはこちら

理学療法士柔道整復師鍼灸師の養成、資格取得を目指す大学
学校法人平成医療学園 宝塚医療大学
メールでお問い合わせ
0120-00-1239
資料請求
オープンキャンパス

学科紹介

  • オープンキャンパス
  • スポーツを仕事に!2つの国家資格を同時に取得可能!医療系国家資格×体育教員免許
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 就職/資格
  • 大学案内デジタルパンフレット
  • 宝塚医療大学公式スマホアプリ
  • 宝塚医療blog
  • 附属治療院
  • 平成医療学園グループサイト
  • 在校生の方へ
ページトップへ