教員免許取得について

教員免許と医療系国家資格を
同時取得

医療系国家資格を持った
中学校・高校の教員へ

本学ではそれぞれの国家試験受験資格に加え、所定の単位を取得すれば、教員免許(中学校・高等学校教諭一種免許状[保健体育])を取得することができます。
この2つの資格を取得することには、教員として教育現場に進むにあたっても、双方にメリットがあります。
中学・高校の教員となる場合、近年ではスポーツ競技のレベルが高まり、生徒のケガも複雑・多様化。そんな中では医療系の国家資格を持ち、生徒の怪我の対応、発生防止のための指導が行える教員は非常に期待されています。
そんな教員になれば、学校に勤務しながら、自身の行ってきたスポーツクラブ競技のクラブ顧問として、そしてトレーナーとして、スポーツに関わっていくことが可能です。

生徒指導の知識を持った
医療技術者に

柔道整復師・鍼灸師の資格者が増加する中で、特徴ある治療院を開業することの必要性が問われています。そんな中、「体育教員の免許を持った治療家」が大きな特徴に。
体育教員の資格を持っているということは、体育やクラブ活動の実態、発達期においての生徒の指導や対応の方法を理解しているということ。生徒がケガをして、治療院に通院する場合、そういった特徴のある治療院を選ぶのではないでしょうか。

治療家と教員、入学してから
さらに進路を選べる

スポーツに関わる仕事につくために医療技術者になるか、学校の先生を目指すか。通常であれば、学校・学部学科を選択するときに、その進路を決定しなければなりません。ですが、本学では両方の資格を取得できるので、入学してから、もしくは両方の資格に必要な単位を取得し、国家試験に合格すれば、卒業時に改めてどちらの進路を選択するかを決定することができます。

教員免許も同時に取得

宝塚医療大学では、在学中に医療系国家試験受験資格と同時に体育の教員免許を取得することができますが、実は世間では、これまでにもそういった医療系国家資格と教員免許を取得して、活躍している人がいます。
しかし、その場合、多くの方は体育系大学などで4年間勉強し、体育の教員免許を取得した後、改めて専門学校等に入りなおし、理学療法士や柔道整復師や鍼灸師の資格を取得しており、多額の費用や時間がかかっています。
しかし、本学であれば、4年間で必要な単位を取得できるカリキュラムを組んでいるため、卒業時に2つの資格を同時に取得することが可能です。

4年間

医療系国家資格

体育の教員免許

教員免許制度

宝塚医療大学では、在学中に医療系国家試験受験資格と同時に体育の教員免許を取得することができますが、実は世間では、これまでにもそういった医療系国家資格と教員免許を取得して、活躍している人がいます。
しかし、その場合、多くの方は体育系大学などで4年間勉強し、体育の教員免許を取得した後、改めて専門学校等に入りなおし、理学療法士や柔道整復師や鍼灸師の資格を取得しており、多額の費用や時間がかかっています。
しかし、本学であれば、4年間で必要な単位を取得できるカリキュラムを組んでいるため、卒業時に2つの資格を同時に取得することが可能です。

ご質問・お問合わせはこちら

理学療法士柔道整復師鍼灸師の養成、
資格取得を目指す大学