スポーツに関する
資格について

医療系国家資格と、
スポーツ業界で生かせる資格を同時取得!

JATI認定トレーニング指導者
資格(受験資格)

特定非営利活動法人日本トレーニング指導者協会(JATI)が認定し、対象や目的に応じた科学的根拠に基づく適切な身体運動のプログラムを作成し、これを効果的に指導・運営するための知識と技能を持つ専門家として活動する資格です。
本学ではJATI認定トレーニング指導者資格を取得するために必要な受験資格を授業で取得することができます。

医療・健康・スポーツ・教育分野で
活躍できる力を身につける

さらに理学療法学科・柔道整復学科・鍼灸学科では必要な単位を取得することで、医療系国家資格とJATI認定トレーニング指導者資格(受験資格)、そして体育教師の免許の3つの資格を取得することができます。3つの資格を取得することで、医療人として、教員として、スポーツトレーナーとして、様々なフィールドでスポーツと関わりながら活躍することができます。

※JATI認定トレーニング指導者資格は取得に別途申請料等が必要です。

一流アスリートのサポートを通じて学べる
トレーナーの教育プログラム!

プロアスリートのサポートを通じて
学ぶ実践教育

本学部の教員が参入し、選手一人ひとりに適したオーダーメイドなサポートをしています。その一環で学生も参加し、テーピングやアイシングなどの技術と知識を、教員の指導のもとに現場で実践的に学び、トレーナーとしての経験を積むことができます。サッカー、柔道、陸上競技、フェンシングなど様々なスポーツのアスリートと接する機会を設けていく計画を進めていきます。

アスリート自身をみる
視野の広さを養う

トレーナー教育プログラムで最も重要視しているのは、対象が一流選手だとしても「一人のアスリートとして見る」という視野の広さであることです。スポーツトレーナーの役割は、捻挫や骨折など怪我だけを見ることではありません。大事なのは選手の心と身体の全身状態から怪我を未然に防ぐ対策を施すことや、モチベーションを上げられるようメンタル面も含めたサポートをすることです。スポーツは心技体といいます。トレーナーによるケアも技と体だけではなく心までみることが本学の教えの特色であり、「視野を広くし、総合的に見る力」を養います。

3学科の枠を越えて
相互スキルを学べる環境

トレーナー教育プログラムは、学科の枠を越えて、それぞれのノウハウやスキルを相互に学ぶことができます。また、学年を越えて参加できるため、上級生は経験則を活かして下級生を指導、下級生は上級生に直接質問などができるコミュニケーションシステムを確立しています。通常のカリキュラムでは得られないより刺激し合える体験ができる、本学部ならではのプログラムです。

トレーナー教育プログラム
年間スケジュール

  学内研修活動
4月 新入生向け[教育プログラムガイダンス]
トレーナー講演会①
5月 トレーナー講演会②
6月 教育プログラム講座[ストレッチング]
教育プログラム講座[アイシング]
教育プログラム講座[テーピング]
教育プログラム講座[スポーツ心理学]
7月 教育プログラム講座[スポーツ事故と法]
教育プログラム講座[健康科学]
教育プログラム講座[救急救命]
8月 【学外フィールド活動】
8月中旬から9月中旬まで順次
9月 学外フィールド活動 終了
10月
11月
海外研修
12月 トレーナー講演会③
1月 修了証授与式
3月 在学生向け[教育プログラムガイダンス]

※年間スケジュールは、年度により変更になる可能性があります。

ご質問・お問合わせはこちら

理学療法士柔道整復師鍼灸師の養成、
資格取得を目指す大学