宝塚医療Blog

【教員紹介】大橋 淳 先生:柔道整復学科

  • DATE: 2012/6/13
  • CATEGORY: 教員紹介柔道整復学科
  • TAG: 柔道整復師 教員紹介


氏名:

大橋 淳  [ Jun Ohashi ]
所属: 柔道整復学科
職名・役職: 准教授
資格・学位:

柔道整復師、修士(教育学)



 【学 歴】
東北柔道専門学校卒業(現:仙台接骨医療専門学校)
佛教大学教育学部教育学科卒業
佛教大学大学院教育学研究科生涯教育専攻修士課程修了


 【職 歴】
平成4年に柔道整復師免許取得後、整形外科を中心に勤務し、平成16年から教員として専門学校に勤務しておりました。


 【研究活動・研究テーマ】
「柔道整復師教育におけるICTを活用した学習教材の開発とその効果実証」
柔道整復師の教育をより効果的且つ効率的に展開していくためには「わかる授業」を行うことが大切で、そのために効果的なメディアを開発し、活用していくことが重要と考えています。また、メディアを活用し、「いつでも、どこからでも、何回でも」インターネットを介して自宅から学習できる(自学自習を支援する)学習環境の構築を目指しています。
 【担当科目について】
「柔道整復評価学」
柔道整復師に必要な身体の形態と機能に対する評価能力を習得することを目的とし,医療面接、視診、触診、形態計測法、関節可動域測定法、徒手筋力検査法,反射検査法,感覚検査法、施術録の作成について学習します。とくに柔道整復評価の根幹となる骨・関節の触診法を伝えることに情熱を注いでいます。
「柔道整復療法学」
国家試験該当科目である柔道整復理論です。国家試験過去問題から学習目標を抽出、提示し、学ぶべきことは何かを伝えます。それらを中心とした学習内容をできるだけわかりやすく説明します。学習の最中や終了後に、本当に理解しているかどうかを確認します。これにより「わかったつもり」と「本当にわかっている」が明らかとなり、どこがわかっていないかを理解することができます。つまり、基礎・基本の定着(国家試験)を強く意識した授業を展開しています。
 【受験生のみなさんへのメッセージ】
柔道整復師あるいは体育教員としての職業生活を全うするためには、生涯にわたり自分の判断で地域医療や地域社会に必要な学習をし、つねに変化成長し続けていかなければなりません。つまり、生きることと、働くことと、自ら学ぶことは切り離すことができないのです。是非、本学で自分自身を磨き、卒業後もさらに磨きをかけ、輝いた職業生活を送ってください。

◆柔道整復学科の教員紹介ページはコチラ>>

宝塚医療Blog

月別アーカイブ

  • オープンキャンパス
  • スポーツを仕事に!2つの国家資格を同時に取得可能!医療系国家資格×体育教員免許
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 就職/資格
  • 東洋医学のおはなし
  • 宝塚医療大学公式スマホアプリ
  • 宝塚医療blog
  • 附属治療院
  • 平成医療学園グループサイト
  • 在校生の方へ
ページトップへ