教員紹介

奥田 祥司 OKUDA Shoji

所属
リハビリテーション学科 作業療法学専攻
職名・役職
助教
学位・資格など
修士(教育学)
担当科目
運動学、運動学実習、生活滑動計測・分析法演習、日常生活活動学、リスクマネージメント論、発達障害作業療法評価学、発達障害作業療法治療学各論、応用発達作業療法治療学演習、地域作業療法学演習、レクリエーション演習、臨床見学実習・評価実習・総合実習
学位 2015年
3月
神戸親和女子大学 大学院文学研究科教育学専攻 卒業 修士(教育学)
資格 2006年
5月
作業療法士
職歴2006年
4月
社会福祉法人四天王寺福祉事業団 四天王寺和らぎ苑 入職
2012年
4月
社会福祉法人三篠会 堺市立重症心身障害者(児)支援センター 入職
2020年
4月
現職

研究活動・研究テーマ

【専門分野】
重症心身障害者、ACC機器、障害児・者地域生活支援
【研究テーマ】
1、重症心身障害者の生活支援について
2、重症心身障害者のACC機器の利用について
3、地域での障害児・者の生活を支えるための多職種連携について

著書・論文等

【書籍】
岸本眞・小原英輔,重症心身障がい児・者の方々への介護入門―鏡の向こう側にいるあなたと―,社会福祉法人大阪重症心身障害児者を支える会発行,2016,編集委員

宝塚医療大学理学療法学科・和歌山保健医療学部教員編(共著),入学初年次ラーニングサポートガイドブック「学問のすすめ」,宝塚医療大学,和歌山・兵庫,2020年,2021年(補訂版)

【その他】
【学会発表】
○奥田祥司「重度障害者に対する非言語的な動感分析の可能性について」 日本スポーツ運動学会,2014,高知
○奥田祥司「成人のアテトーゼ型脳性麻痺者の固定された手を解放するための取り組みについて」,第4回重症心身障害がある人の生活を支える作業療法フォーラム,2014,岡山
○奥田祥司「意思決定が難しい方の侵襲的医療の選択時やターミナルケアでのリハスタッフとして考え方、取り組みについての情報交換」,全国重症心身障害児者施設職員研修会,2015,大阪
○奥田祥司、上原恵美、中野倫嘉、堀希、松本茂樹、小澤 明人「地域生活支援のための器具製作ワークショップ」日本重症心身障害福祉協会,2019,新潟

主な所属学会

日本作業療法士協会、和歌山県作業療法士会、日本発達系作業療法学会、日本重症心身障害学会、日本スポーツ運動学会

教員一覧へ戻る

お問い合わせ

資料請求