教員紹介

伊藤 秀幸 ITO Hideyuki

所属
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
職名・役職
講師
学位・資格など
博士(保健学)
担当科目
医療情報学演習/ 検査測定実習Ⅰ/ 検査測定実習Ⅱ/ 応用評価学演習/ 代謝疾患理学療法学/ レクリエーション演習
学位 2000年
3月
学士(体育学) (中京大学)
2021年
3月
博士(保健学)(山口大学)
資格2000年
3月
中学校教諭一種免許状(保健体育),高等学校教諭一種免許状(保健体育)
2004年
4月
理学療法士免許
職歴潤和リハビリテーション振興財団 延岡リハビリテーション病院
山口コ・メディカル学院
宝塚医療大学 和歌山保健医療学部

研究活動・研究テーマ

【専門分野】
変形性関節症,臨床検査疫学,基準範囲,臨床予測ルール
【研究テーマ】
1. 人工膝関節術後患者における運動機能検査の疾患特異的な基準範囲の設定
2. 健常高齢者における運動機能検査の基準範囲の設定
3. 変形性膝関節症患者の臨床予測ルールの抽出
4. 超音波診断装置の再現性・妥当性の検証

著書・論文等

【書籍】
1. ダイアン・V・ジュエル著,森山英樹総監訳,伊藤秀幸訳:理学療法エビデンス大辞典 現場で使える実践ガイド,西村書店,新潟,2019
2. 小林寛和,伊藤秀幸:実践MOOK・理学療法プラクティス 肩関節運動機能障害,文光堂, 東京,2009
【雑誌】
1. Hideyuki Ito, Kiyoshi Ichihara, Kotaro Tamari, Tetsuya Amano, Shigeharu Tanaka, Shigehiro Uchida, Shinya Morikawa: Determination of reference intervals for knee motor functions specific to patients undergoing knee arthroplasty, PLOS ONE, 2021,in press.
2. 伊藤秀幸,市原清志,天野徹哉:人工膝関節置換術患者における非術側の筋力と関節可動域の基準範囲,理学療法科学,2021,in press.
3. 伊藤秀幸,市原清志,玉利光太郎,天野徹哉,田中繁治,内田茂博,森川真也:人工膝関節術前後における膝筋力と膝関節可動域の変化量に影響する要因分析, 宝塚医療大学紀要,2021,in press.
4. Ito H, Ichihara K, Tamari K, Amano T, Tanaka S, Uchida S: Factors characterizing
gait performance of patients before and soon after knee arthroplasty, Journal of Physical Therapy
Science,2021,33(3):274-282.
5. Amano T, Tanaka S, Ito H: Identifying activity limitation and quality of life decline in patients with knee osteoarthritis who are scheduled to undergo total knee arthroplasty, Journal of UOEH,2021,43(1):33-39.
6. Shigeharu Tanaka,Tetsuya Amano, Shigehiro Uchida, Hideyuki Ito,
Shinya Morikawa, Yu Inoue, Ryo Tanaka: A clinical prediction rule for predicting a delay in quality of life recovery at 1 month after total knee arthroplasty: A decision tree model: Journal of orthopaedic science,2020.
7. Tanaka S, Amano T, Inoue Y, Tanaka R, Ito H, Morikawa S: Does BMI influence quality-of-life recovery in individuals who underwent Total Knee Arthroplasty: a prospective study Journal of Orthopaedics, Trauma and Rehabilitation,2020.
8. Tetsuya Amano, Kotaro Tamari, Shigeharu Tanaka, Shigehiro Uchida, Hideyuki Ito;Shinya Morikawa, Kenji Kawamura Factors for Assessing the Effectiveness of Early Rehabilitation after Minimally Invasive Total Knee Arthroplasty: A Prospective Cohort Study, PLOS ONE,2016,11(7):e0159172.
9. 伊藤秀幸,日高雅仁,玉利光太郎: 回復期病棟に入院したTHA術後患者における術後早期腰痛の予測因子,日本運動器疼痛学会誌,2015,7(1):44-53.
10. 伊藤秀幸,玉利光太郎:人工股関節全置換術早期における健康関連QOLの予測因子に関する検討, Hip Joint,2013,39:259-263.
11. 伊藤秀幸,諸井典子,日高雅仁:安静時における側腹筋厚測定の検者間信頼性と臨床的有効最少誤差,理学療法科学,2012,27(5):559-563.
【その他】
1. 実践!臨床に役立つ臨床研究の具体的手法: 愛媛県理学療法士会主催理学療法士講習会, 2019
2. 実践!臨床に役立つ臨床研究の具体的手法:愛媛県理学療法士会 平成30年度理学療法士講習会(応用編), 2018
3.「臨床で役立つ!研究の具体的方法論
: 宮崎県理学療法士会 基礎研究部研修会, 2018

主な所属学会

1. 日本理学療法士学会
2. 日本臨床疫学会
3. 日本運動器疼痛学会

教員一覧へ戻る

お問い合わせ

資料請求