学校法人 平成医療学園 宝塚医療大学

学科紹介

卒業生の活躍

理学療法学科

大学で身についたコミュニケーション能力や
教える力が「理学療法アプローチ」に役立っています。

急性期担当として、術後や入院当初におけるリハビリテーションを提供しています。宝塚医療大学では少人数制によるグループワークによって、コミュニケーション能力や教える力が身につき「理学療法アプローチ」にも役立っています。在学中は日々の勉強に加え「階段昇降をする前後での重心の違い」についても研究。臨床治療に関する論文もたくさん読みました。いろいろなことへの興味や経験は、きっと将来に活きるはずです。また、実習施設の多さも本学の魅力。私の場合、実習先がそのまま就職先になりました。目標は、常に患者様の現象を考えるセラピストであること。同時に大学時代の先生のもとで研究にも取り組んでおり、それを継続して幅広い分野で活躍できるようになりたいです。

先生との距離が近いため、教科書だけでなく、プラスαの知識が身につきました。

主に回復期リハビリテーション病棟において、脳卒中や運動器疾患などで入院されている患者様を受け持っています。患者様やご家族様から「ありがとう」と感謝していただけるのが、大きなやりがいです。宝塚医療大学は先生との距離が近ため、教科書だけでなく、臨床のことなどプラスαの知識が身につきました。実では技術に加え、患者様との接し方まで学べたのがよかったです。また、学内の就職説明会でさまざまな病院の方の話を聞けたことは、就職活動の助けになりました。これからも医療人として学び続け、常に知識をアップデートすること。そして、正しい医療と信頼関係によって、多くの方を笑顔にできるセラピストでありたいです。

どんな疾患にも対応でき、どんな患者様にも信頼される理学療法士でありたい。

急性期から回復期までの患者様を担当し、退院後の在宅生活も視野に入れたリハビリテーションを計画・支援しています。理学療法士として、患者様の「痛くなくなった」「動かしやすくなった」という言葉が充実感につながっています。また、患者様と話すのもこの仕事の楽しみの一つです。大学時代は、特に解剖学、運動学、生理学の勉強を頑張りました。実習で はコミュニケーション能力が身に付き、現在の職場で役立っています。本病院は、新人一人につき先輩一人が指導につくプリセプター制度を導入していることもあり、大学での学びをスムーズに発揮できたと思います。どんな疾患にも対応でき、 どんな患者様にも信頼される理学療法士でありたいです。

学ぶうちに惹かれていった理学療法士という道。患者様の力になれる、やりがいのある職業です。

勤務するのは、回復期リハビリテーション病棟です。入院時に車いすだった患者様が歩いて退院されるとき、この仕事のやりがいを感じます。実は高校時代、魚やイルカが好きだったことから水産分野のある大学をめざしていたのですが不合格となり、得意な生物を活かして宝塚医療大学を受験しました。入学後、学ぶうちに理学療法士の魅力に惹かれていき、結果として良かったと思っています。先生方には授業はもちろん、臨床実習やキャリアサポートまで、大学生活を通して大変お世話になりました。「人に分かりやすく伝えること」を意識しながら授業に取り組み、そのスキルは現在、患者様をはじめとする院内でのコミュニケーションに役立っています。

柔道整復学科

触診の技術や、超音波診断装置を通した判断および治療が、仕事に役立っています。

どういう症状で辛いのかを教えていただき、一緒に治療に取り組む。患者様一人ひとりと向き合いながら治癒に導けたとき、医療人として充実感を覚えます。在学中は、特に徒手療法に力を入れて学びました。身につけた触診の技術や、超音波診断装置を通した判断および治療は、今の仕事に役立っています。また、野球やラグビーなどのスポーツ選手がどんな動きをするのか、「ケガの予防」という目線で動画を見て、研究もしていました。大学4 年間をかけてさまざまな知識・技術を学び、将来像をじっくり描くことができてよかったです。「平野大樹」という名前を見て、プロのスポーツ選手たちに来院したいと思われる治療家になります。

臨床実習を通して、将来の目標がより明確に。
「治せる治療家」をめざし、がんばっていきます。

患者様から感謝の言葉をいただいたり、笑顔で帰られる姿を見ると、「この仕事を選んでよかった」と思います。先輩から教わることもまだまだ多く、できることが増えるたびに成長を実感しています。在学中の学びで特に役に立ったのが臨床実習です。机では学べないことばかりで、現場だからこそ分かる楽しさ、苦しさがありました。患者様と直接触れ合うという貴重な体験もでき、将来の目標がより明確にりました。また、大学では就職活動についても、細かいところまで相談に乗っていただきました。「治せる治療家」をめざして、これからも患者様に笑顔になっていただけるよう、目の前の一人ひとりと向き合い、がんばっていきます。

卒業後に活きる、柔道整復の実践的な学び。「ありがとう」をやりがいに頑張っています。

患者様から「治ったよ。ありがとう」と言っていただけるのが、最もやりがいを感じるときです。在学中は実践的な学びが多く、その道を究めた先生から直接教えてもらえるのも魅力でした。職場で患者様の筋肉を触って診断する際も、大学で身につけた触診技術がそのまま使えています。さらに、宝塚医療大学でよかったのは就職活動のサポートです。大学に施設・企業を招いての就職説明会では、業界のことやそれぞれの施設・企業のことが理解でき、希望の内定獲得につながったと思います。これから一人前の医療社会人として、一人でも多くの患者様を治癒に導き、より多くの「ありがとう」をいただけるように頑張っていきたいです。

患者様のニーズに応え、力になれる喜び。多くの方々を支え、地域に貢献していきたい。

ケガをした人や体が不自由になった人の力になりたいと思い、理学療法士をめざしました。好きな授業は、治療技術の土台となる「解剖学」。骨、筋肉、関節などについて知ることで、人体の仕組みに驚かされました。神経細胞や筋肉細胞といった医学的な内容を学べる「生理学」も面白いです。宝塚医療大学は先生との距離が近く、疑問や相談をすぐに聞きにいけるので安心。同級生や先輩とも仲良くなり、授業のことや勉強方法を教えてもらったりもします。将来はたくさんの人の身体を治療して、心まで元気にできる理学療法士になりたいです。

鍼灸学科

患者様の喜びに、やりがいを実感!
大学では教員免許も取得できました。

治療によってしっかり歩けるようになった患者様が、泣いて喜んでくれたこと、そして入社2年目に社長賞をもらったことは、今も心に残っています。在学中、特に力を入れたのは東洋医学と中医学。最初は難しく感じましたが、先生方の丁寧な指導もあり、知れば知るほど面白くなっていきました。大学を選んだ理由の一つでもある、高等学校の保健体育の教員免許を取得できたのも、宝塚医療大学でよかった点です。また、就職活動では、キャリア開発センターはもちろん先輩方のサポートも心強く、履歴書やエントリーシートの書き方、電話のかけ方などが役に立ちました。経営の中核を担えるよう、まずはエリアマネージャーをめざしてがんばっています。

鍼灸師としての楽しく、充実した毎日。
人とかかわるこの仕事を大切にしたいです。

宝塚医療大学では先生方に丁寧にサポートしていただきながら、自分のペースでコツコツ勉強に取り組みました。先生との距離が近いので、知識も技術も、大事な基礎をしっかり身につけることができたと思います。大学外ではトレーナー活動に参加し、経験値も蓄えられました。卒業後に現場で感じたのは、患者様と接するとき、大学での学びが役立っているということです。もともと人と話すのは苦手だったのですが、実践的な授業のおかげで、目上の方とも自然とコミュニケーションできるようになっていました。今、鍼灸師として楽しく働くことができ、とても充実しています。人とかかわり、人を笑顔にできるこの仕事を大切にしたいです。

在学中に身につけた、課題を解決する力。患者様の症状の改善につながっています。

来院される患者様への治療だけでなく、施設や患者様の家にも行き、鍼や灸、手技療法を施しています。在学中は、大学生活や国家試験を通して、勉強する習慣が身につきました。おかげで、現在の職場で分からないことや困ったことがあっても、自分で調べたり先輩方に聞いたりして、一つひとつ解決することができています。患者様の症状が良くなり、「ありがとう」と言われるのがとても嬉しい瞬間です。治療のあと、少しでも「楽になった」「来てよかった」と笑顔 になってもらえるような医療人をめざしています。将来の目標は、開業して自分の院を持つこと。そして、宝塚医療大学に講師として戻り、恩返しができたらと思います。

患者様の喜びが一番のやりがいです。困っている人に寄り添い、手助けしていきたい。

身体の悩みを抱えている方に寄り添いながら、鍼灸治療やEMS運動療法、矯正治療、生活指導を行っています。患者様の症状が改善し、「身体が楽になったから遠出ができた!」など、嬉しそうに話してくれるのが一番のやりがいです。宝塚医療大学では、基礎知識と実技の修得に徹底的に取り組みました。鍼灸はもちろん、解剖・生理などのさまざまな 知識を学ぶことができ、先生方の経験談もとても勉強になりました。また、臨床実習や患者様を想定した授業を通し て、社会性まで養われたと思います。患者様や困っている人を手助けできる存在として、「この先生に任せたら大丈夫!」と言われるようになっていきたいです。

資料請求はこちら