学校法人 平成医療学園 宝塚医療大学

キャンパスライフ

理学療法学科

少人数制だからこそ、先生との距離は近いし、
友だちとは学び合えます。

オープンキャンパスに参加した際、学生スタッフの先輩・後輩の仲の良さ、先生や職員の方々の親しみやすさに惹かれ、宝塚医療大学を選びました。少人数制クラスなので、先生は私たち一人ひとりをしっかり見てくれますし、分からないことも聞きに行きやすいです。日ごろから友だち同士で話し合い、学びを深めたり、放課後は図書館で予習・復習するようにしています。家事を気にせず勉強に集中できるのは、実家暮らしのおかげでもあると思います。また、高台にある宝塚医療大学は景色も魅力です。よく自宅まで歩いて帰るのですが、街の灯りが奇麗で気持ちの切り替えになります。ちなみに学食のおすすめは唐揚げ定食。ごはんを大盛りにして、いつもお腹いっぱい食べています。

野球部のマネージャーも医療も、人のためにできること。
喜んでもらえるのが嬉しい!

自分で家事を行うようになり、少しは自立できてきたと感じます。大学までは約30分。オンとオフのメリハリを意識し、授業以外の勉強もなるべく大学で集中して取り組むようにしています。大学生活で一番楽しいのは、硬式野球部のマネージャーをやっているときです。主な役割は、練習のサポートや部の運営。昔から野球が好きだったので、練習でも試合でも、選手のプレーを近くで見られるのが幸せですし、なにより人のために何かをして、喜んでもらえるのが嬉しいです。それは医療の仕事と同じかもしれません。宝塚医療大学で成長し、理学療法士の資格を取って、将来はスポーツ分野に関わりたいです。科目によっては難しい内容もありますが、深く、着実に学べていると思います。

資料請求はこちら