学校法人 平成医療学園 宝塚医療大学

キャンパスライフ

鍼灸学科

学ぶほどにどんどん引き込まれる鍼灸の奥深い世界に夢中。心と体も治せる鍼灸師になりたいです。

壽 梨佳

兵庫県立東播磨高等学校出身

※インタビュー内容・学年は撮影当時(2016年)のものです。

メッセージ

鍼灸師の国家試験取得、いずれは独立開業。クラスメイトと目標が同じなので競うように勉強を頑張れ、自分に足りないものにも気づけるとてもよい環境です。
美容鍼灸など女性ならではの鍼灸師を目指したい。

インタビュー

先輩

平野 由美子

2011年 鍼灸学科入学
(大阪府 帝塚山学院泉ヶ丘高等学校出身)

インタビュワー

松村 佳亮

2013年 鍼灸学科入学
(兵庫県立宝塚東高等学校出身)

松村
2学年上の平野さんと話すようになったのは僕が1年の時。鍼灸学科の先輩の話を聞きたくて、図書室の前で僕から声をかけたのがきっかけでしたね。
平野
そうそう。後輩との交流があまりなかったから声をかけてくれて嬉しかったよ。それが縁で、私の卒業研究を松村くんに手伝ってもらうことができ、助かりました。
松村
助手をさせてもらえて僕もよかったです。卒業研究の取り組み方が分かったし、2年先には平野さんのようにできる自分になっていたいと、より勉強に励む原動力にもなりました。
松村
平野さんが目指すのはどんな鍼灸師ですか?
平野
やりたいことがあり過ぎてひとつには絞れない。ガンの緩和ケア、うつ病などの精神疾患のケア、婦人科系にも強くなりたい。これらを総合して目指すのは、カラダの治療だけでなく、メンタル面も併せて治療ができるようになること。心の調子が悪いとカラダに影響するし、カラダが良くないと心の調子も崩れるから。心身両面を健康にしてあげられる鍼灸師になるのが目標。
松村
僕が目指す鍼灸師も心身どちらもケアできることなんです。先を歩む平野先輩、これからもいろいろ教えてください。よろしくお願いします。
平野
こちらこそ、学ばせてください。
資料請求はこちら