学校法人 平成医療学園 宝塚医療大学

大学案内

宝塚医療大学の5つの強み

夢への一歩はここから始まる5つのポイント!

1.宝塚医療大学と「公益社団法人全国柔整鍼灸協会」

就職に強い業界の後継者を育成

1982年、大阪を中心とした柔道整復師らが設立した「全国柔整師協会」は、1994年に「全国柔整鍼灸協同組合(以下、全柔協)」となりました。その後、国民が信頼を寄せ安心して施術所に受診できるよう柔道整復師、はり師、きゅう師の資質向上と、施術所の医療サービスの向上を図っていくことを目的に、「公益社団法人 全国柔整鍼灸協会」を2016年に設立しました。全柔協に所属する組合員の『業界の後継者を自らの手で育成したい。柔道整復と鍼灸を学問として確立させ、今後の医療技術を発展させたい』という熱い想いから2011年に誕生したのが、宝塚医療大学です。
これからの社会において高齢者も障がい者も健常者と同様の生活ができるようサポートする福祉支援は不可欠です。そうした観点から、柔道整復師、はり師・きゅう師とともに理学療法士を育成する3学科構成となりました。

「公益社団法人全国柔整鍼灸協会」が開業までアドバイス

全柔協には、北海道から沖縄まで約4,000人の協会員が所属しています。本学部の柔道整復学科・鍼灸学科の卒業生には、就職時に希望する地域の全柔協によるバックアップを得ることができます。また、治療院を独立開業する際に、経営に有利な場所選びから外観および院内の設計、スタッフ教育などあらゆるアド バイスを受けることができ、安心の未来が待っています。

2.医療国家資格とトレーナー資格を同時取得

スポーツ業界で活躍できる資格を取得

医療系国家資格と同時に、スポーツリーダー(日本体育協会公認資格)とJATI認定トレーニング指導者資格(受験資格)の取得を目指すことが可能です。近年、スポーツリーダー、アスレチックトレーナー(スポーツトレーナー)の認知が高まり、その活躍の場は選手のパフォーマンスアップからコンディショニング、そしてケガ発生時の対応まで多岐にわたり、幅広い能力が求められます。さらに万が一のケガや病気の治療には、医療の資格が必要となってきます。医療の資格とトレーナー資格、この2つを取得することで、スポーツ現場で幅広く活躍することが可能です。本学では一流アスリートのサポートを通じて実践教育を学ぶことができます。

プロサッカーチームとの提携

本学の運営母体である学校法人平成医療学園は、プロサッカーチームのガンバ大阪等と提携しトレーナーの派遣など、スポーツ分野での活動にも力を入れています。

プロスポーツチームとの交流から得る様々な情報は、本学の教育にも活かされ、医療の現場のみならず、スポーツ分野での活躍を目指す学生をバックアップしています。

3.体育教員免許が取得可能!

医療系大学で体育教員免許が取得できる!

宝塚医療大学は、理学療法士、柔道整復師、鍼灸師の国家資格と保健体育教員免許が取得できる医療系大学です。本学において所定の単位を取得すると、中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)が取得できます。

医療大学で教員免許を取得するメリット

最近は、中学校・高等学校におけるスポーツ競技のレベルが高まり、生徒のケガも複雑化し、その予防やアフターケアも多様化しています。

このような中学校・高等学校の現場において、ケガの処置や事故予防の指導ができる医療系国家資格を持つ保健体育教員は、貴重な存在になります。

4.将来の夢の実現に向けて、卒業後まで強力サポート

教育体制・就職・資格万全な支援体制

学生一人ひとりと向き合った教育体制を実施しています。 宝塚医療大学では、各学科各学年毎に専任教員が担任として学生のサポートを行っています。高校とは違いホームルームや固定の教室のない本学では、この担任制を設置することで、学生一人ひとりと教員が向き合い、授業・大学生活・友人との関係などをフォロー。安心して勉学に励むことができるよう支援しています。

先輩から後輩へ【ピアサポート】

ピアサポートとは、同じ経験や体験をした人同士で支えあう活動のことを指した言葉です。初めての大学生活も上級生が下級生を支えることで安心して過ごすことができます。また、卒業生とも連携し、就職・国家試験に対する不安など、上級生もサポートしていきます。

5.合格につながる国家試験対策

サポートは万全充実した国家試験対策

国家試験全員合格に向けて徹底サポートします。
理学療法学科は、4年生前期に長期の総合臨床実習を実施しており、その実習が終わり次第、国家試験対策講義が始まります。柔道整復学科、鍼灸学科では、4年生の4月から国家試験対策講義を開講します。
また、全学科で4年生になる前から国家試験の模擬試験を実施し、学生の現段階での状況把握を行います。繰り返し模擬試験を行い、合格ラインに達していないなど個別のサポートが必要な学生には教員との個人面談を実施。各種国家資格取得を希望する学生の合格率100%を目指し、教職員一同全力で支援、きめ細かく対応します。

卒業後の国家試験対策も充実

卒業生全員の医療系国家資格取得を信条とする本学では、4年次に受ける国家試験に不合格となった場合も卒業後の国家試験対策をサポートする体制を整えています。

このほか、全ての学科で、グループワークや個別対応を随時行い、国家試験までの1年間、モチベーションをキープできるよう全力でサポートしています。

資料請求はこちら