• ホーム >
  • 資格取得後の未来(就職について)

将来の進路は?

医療・スポーツ・美容分野など、幅広く活躍

そんな鍼灸治療の特徴から、鍼灸師になれば、様々なフィールドで活躍することができます。

  • 鍼灸整骨院、整形外科、医療施設で働く。

    鍼灸師による、鍼と灸の治療はあらゆる分野で求められています。
    医療現場は、その最も主な場所と言えるでしょう。鍼灸師が行う鍼による除痛処置は副作用が少なく、即効性があります。西洋医学による処置だけでは回復がままならない時、鍼灸師は東洋医学の診断学と施術の力をもって、医師・看護師とともに病や怪我に対処することができるのです。

    現在、高齢化が進むなか予防医学に注目が集まっています。
    東洋医学では、古来より未病の考え方があり、病気の進行を未然に防ぐことにおいて、鍼灸師は大きな力を発揮することができます。
    また、妊娠を望む女性からも副作用が少ない漢方や鍼灸に大きな期待がかけられています。このことから、今後も病院など医療施設での鍼灸師の需要は高まっていくでしょう。

    東洋医学の世界は、奥深く生涯をかけて打ち込む価値のある魅力に溢れています。もし、あなたが病院に勤務すれば施術者として勤めながら、鍼灸の研究に深く携わることもできるでしょう。

  • スポーツトレーナーになる。(アスレチックトレーナー)

    意外に思うかもしれませんが、鍼灸治療は現在、様々なスポーツの現場で活躍しています。これは日本だけでなく、世界中でひろまっています。

    副作用の無い病気の治療を行ったり、身体の調子を整えたり、パフォーマンスアップを目指したり、スポーツ活動の様々な場面で、鍼灸治療は活躍しています。実は現在、日本で活躍しているトレーナーの多くが鍼灸師の資格を持っています。

  • 鍼灸で、美容業界で活躍する。

    今、多くの女性の間で鍼灸治療が注目を集めています。
    肌を美しくしたり、あるいは肥満を解消したりと、その役割はさまざまです。
    たとえば肥満の防止と解消。これは足、腹部、背中などの排泄機能を高めるツボに鍼を打ち、脂肪組織を刺激する事で効果を発揮します。
    また鍼灸は、ホルモンの分泌や自律神経にも働きかけるので、カラダを根本から改善し、ひいては美容にまでつながるのです。
    健康なカラダがあってこそ、真の美を実現することができます。

  • 独立し、鍼灸院を開業する。

    医師や歯科医師などと同様に、自分で独立・開業できるのが「鍼灸師」の大きな特徴です。就職に関する不安が高まっている現在では、自分で独立できる資格を持っていることは大きな武器となります。自分の治療院であれば、治療方針、開院時間など、自分で決めていくことができ、自分の将来、キャリアプランを自分の手でデザインしていくことができます。
    特に女性の方は、結婚、出産などで自分のライフスタイルが大きく変わっても、そのスタイルに合わせた働き方ができます。