鍼灸とは?

鍼灸とは、“はり”と“きゅう”で治療する東洋医学

鍼灸は非常に細い金属の「鍼(はり)」や、もぐさを使った「灸(きゅう)」で、体の「ツボ」に刺激をあたえ、人体に作用させ、様々な疾患・病気の予防・治療を行う東洋医学です。
根底にある東洋医学の考え方に基づき、身体のバランスを整え、本来持っている治癒力を引き出した治療を行うため、人の身体にやさしく、副作用の少ない治療法として、予防医学・アレルギー治療・美容・スポーツ分野など、様々な分野で注目されています。

鍼灸って何に効くの?

  病気にならないように、まだ明確な病気となっていない「未病」と呼ばれる状態から治療します。

鍼灸は様々な病気の治療ができますが、特にWHO(世界保健機関)が認めたものには、次のようなものがあります。

神経痛・自律神経失調症・腰痛・動脈硬化症・気管支炎・ぜんそく・胃腸病・生理痛・冷え性・中耳炎・眼精疲労・夜泣き・かんむし・アレルギー性湿疹 など
(これらはほんの一部です)

様々な病気に効果のある鍼灸治療ですが、むしろ、まだ明確な病気となっていない、「未病(みびょう)」とよばれる状態から治療し、病気にならないようにするのが特徴です。
東洋医学はその人の心・体質・環境や食生活など、全てをとらえ「全体を治す」ことを主体に考えています。「悪いところを切る」といった局所の症状に注目した西洋医学とは考え方が根本的に異なります。

鍼灸はスポーツによる疲労の回復、ケガの治療に有効です。

現在、スポーツトレーナーとして活躍している医療資格者は、鍼灸師が最も多いのです。
スポーツにおいて、腕や脚の筋肉の疲労はつきものです。プロスポーツ選手など真剣にスポーツに取り組んでいる人ほど、常に筋肉の疲労による痛みと戦っています。その、筋肉の疲労状態を回復することができるのが鍼灸なのです。
副作用が少なく即効性のある鍼灸は、プロスポーツ選手にとってこれほど頼りになる治療はないと考えられています。

プロスポーツ選手の治療だけでなく、体育教員免許を取得し教員として高校に勤務した場合にも、学生がケガをすれば、鍼灸師としてあなた自身が治療することができます。これを可能にするのが、全国でも珍しい鍼灸師の国家試験の受験資格が得られ、体育教員を目指すことのできる宝塚医療大学なのです。

薬の処方や手術を行わず、人間が本来持っている自然治癒力を高め、からだが自分から治す手助けをする鍼灸治療は、人にやさしい医療です。