学校法人 平成医療学園 宝塚医療大学

学科紹介

理学療法学科

幅広い知識と技術で人を支える医療人に。

リハビリテーション医療に携わる理学療法士として、患者さんの状態を的確に判断する力と、医師の指導のもと最適な治療プランを提案できる。問題解決力を備えた人材を育成する発展的な学びを重視。チーム医療の中で理学療法の分野をリードできる医療人を育んでいます。

実践で活きる、幅広い知識と技術

学科の特長

チーム医療の一員として活躍するための、理学療法の高い知識・技術が修得できます。入学後は「読む・書く・聞く・話す」という学習の基礎を固めながら、徐々に専門的な学びへと移行。通信制過程の併修により、中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)の取得も可能です。医療・福祉の現場はもちろん、本学の強みであるスポーツ分野、さらに教育や産業、地域包括ケアや在宅医療の充実まで、理学療法士の力は幅広いフィールドで期待されています。

国家試験合格へ導く独自のメソッド

一人ひとりの個性に合わせた指導を行う「基礎ゼミ」と「卒業ゼミ」

1・2年次の「基礎ゼミ」では、生活指導と学習の仕方を徹底指導し、3・4年次の「卒業研究ゼミ」単位で、学生ごとに理解の浅い科目の学習をサポート。一人ひとりの習熟度を日常的にチェックし、国家試験合格へと導きます。

個別対応による充実の臨床実習

臨床実習は2年次から4年次の間に20単位以上と、徹底的に実施。長期にわたる臨床実習では施設の先生が指導を行い、本学の教員がバックアップします。きめ細かな学習体制のもと、高度な技術を身につけていきます。

ステップアップ式カリキュラム

必要な単位の取得は、年次に関係なく4年間内でという大学もありますが、本学では取得すべき科目を設定。基礎学習を把握したうえでないと専門分野へは進めません。そうすることで、確実な習熟を図っています。

学年を越えた「ラーニングサポート」

ラーニングサポートは上級生が下級生を指導する、実技科目の補習や練習の授業です。下級生にとっては、気軽に補習やアドバイスを受けることができ、先輩と交流もできる場となります。上級生は下級生に教えることで、自らの技術の向上につながります。

取得可能な資格

理学療法学科を卒業すると、国家資格である理学療法士の受験資格が与えられます。
また、所定の単位を取得し、理学療法士の国家資格を取得した者はJATI認定トレーニング指導者資格(受験資格)、中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)を取得することができます。

予想される進路

病院や介護福祉の現場はもちろん、最近ではスポーツの世界でも理学療法士の技術は求められています。

4年間の歩み

1年次:基礎から学ぶ

人との関わり方、豊かな人間性を養う。

幅広い教養を身につけるため、人文・社会・自然科学系外国語、情報処理、スポーツ系などの科目を履修。健常者の心身の構造や機能、身体運動、リハビリテーション概論、理学療法概論、基本的な理学療法評価法についても学習します。

また1年次より実技の授業も行います。

2年次:実技で基盤を築く

理学療法の基盤(知識・技術)を形成。

各種疾患、外傷における心身構造や機能の変化を学び活動・動作への影響を考えることで理学療法の基盤を形成。代表領域の理学療法治療学を学び、臨床実習への意識を高めます。

さらに臨床見学実習を通じて、学内での知識を臨床で活用できる知識へと発展させます。

3年次:より専門的に学ぶ

7つの専門領域を学び、評価法についても学習。

運動器系障害、スポーツ傷害、脊髄障害、神経系障害、呼吸循環障害、発達障害などの理学療法を専門教員から学び、各疾患において理学療法評価、治療プログラムの立案、基本的理学療法を実施できる力を修得。

また臨床評価実習を通じて患者さんに対する理学療法評価、理学療法の過程を学びます。

4年次:実践力をつける

提携施設での臨床実習で実践力を磨く。

大学と提携した学外臨床実習施設において、経験豊かな指導者のもと、患者さんに対して理学療法評価・治療や指導を行う臨床実習を実施。卒業後に基本的な理学療法を実施できる能力を養います。

また3年次より継続している理学療法研究法の演習をゼミ形式で行い、問題発見力、問題解決力、論理的思考力を高めます。

学びのポイント

point 1

最先端技術を学ぶ授業科目

急速に発展・改良される理学療法機器やシステムなど、ハイテク化が進む最先端医療技術に対応できる、高度な能力を持った理学療法士を養成します。

point 2

学生一人ひとりを丁寧に指導

学年担任、副担任を中心に学業だけでなく学生生活もサポート。実習担当教員の配置、少人数制ゼミなどにより、きめ細やかな教育を行っています。

point 2

7つの専門分野を総合的に学習

理学療法の7分野それぞれの専門家が揃った教授陣による指導で、各専門分野を総合的に学べ、7分野の学びに対応できる専門的な施設を完備しています。

point 2

質の高い実習で実践的なスキルを磨く

豊富な学内実習に加え、専門分野に応じた病院施設と連携して臨床実習を実施。質の高い実習経験により臨床現場で求められる高度な力の習得が可能です。

point 2

発展的な学びで応用力を鍛える

充実した応用系科目で発展的な学びを深め、高度化する医療に対応できる柔軟な応用力を養成。研究により論理的な思考力を高め、難易度があがる国家試験にも対応します。

先生からのMESSAGE

理学療法学科  学科長

理学療法士にとって大切なのは、高度な知識と鍛錬された技術、そして、豊かな人間性です。奉仕の精神を持って患者様と接することができなければ、どんなにハイレベルな知識・技術も活かされません。チーム医療の一員としても決められたことを守り、周囲と協力していける人間性は必要不可欠です。理学療法には7つの専門分野があり、本学科には各分野を究めた教員が揃います。また、臨床に携わる教員が多く、現場の状況や課題をフィードバックした実践的な授業も特長です。ぜひ本学で、理学療法士としての確かな基礎を身につけてください。

資料請求はこちら