宝塚医療Blog

【教員紹介】 平田 耕一 先生:鍼灸学科

  • DATE: 2011/11/28
  • CATEGORY: 教員紹介鍼灸学科
  • TAG: 鍼灸師 教員紹介


氏名:

平田 耕一  [Koichi HIRATA]
所属: 鍼灸学科
職名・役職: 教授
資格・学位

はり師きゅう師、柔道整復師


 【経 歴】
 明治東洋医学院鍼灸科および柔道整復科卒業。
 東洋医学診断学の中でも,最も難解とされる頻湖脈診法を体得し,1975年兵庫県姫路市にて成和東洋治療院開業。東洋医学診断学,頻湖脉学および舌診断学の伝承者として「姫路東洋医学研究会」・「頻湖脉学研究会」を主宰し後進の育成にも尽力中である。現在までに250名以上の愛弟子が全国各地で治療にあたっている。
 臨床の傍ら,東洋医学三千年の礎と頻湖脈,八綱理論,臓腑経絡理論など中医学理論と夢分流を加え,「舌の状態」と「証」の関係を豊富な治療データーから関連付け,1982年『舌診症例集』,『鍼灸治療と舌診』などを発表し,1983年『針灸舌診アトラス』を刊行。本書は,世界で初めての舌診による鍼灸臨床例として各界より高い評価を受け,『東洋医学大講演会;京都府医師会館』など多数に招かれ講演する。
 また,NHK「クローズアップ現代」や「東洋医学サイエンス」などでも「舌診と身体の状態」として紹介され,『東洋医学概論講義』,『鍼灸弁証学』と共に鍼灸大学や鍼灸専門学校の教材本としても使用されている。日本の鍼灸界に「舌診断法」,「中医学理論」を広めた先駆者の一人でもある。

【研究活動】
<特許>
PATENT NUMBER 特許第5385948
発明の名称
舌診支援プログラム,舌診支援装置 2013.10.11

<著書>
『針灸舌診アトラス』 共著  1983.4.1 緑書房
『東洋医学Q&A』  単著  1991.3.25 東洋医学研究会
『東洋医学概論講義』 単著  2006.6.9 クリエイト出版
『鍼灸医学弁証講義』 単著  2008.1.10 現代出版プランニング
『鍼灸弁証学』    単著  2008.12.10 現代出版プランニング
『東洋医学の知識』 共著 2014.9.15 クリエイト出版
『臨床 鍼灸診察学』 共著 2015.3.3 クリエイト出版
 
<研究活動・所属学会>
 研究テーマ:東洋医学診断学,脈診,舌診,臨床鍼灸,末梢循環,若さ,健康,未病。
 宝塚医療大学;末梢循環(加速度脈波)研究班 / 光波反射計測(有儘会)研究班
 姫路東洋医学研究会 / 頻湖脉学研究会
 日本スポーツ整復療法学会 / 全日本鍼灸学会 / キネシオテーピング療法学会
 【担当科目について】
「東洋医学概論Ⅰ・Ⅱ」
東洋医学の人体生理,病理など,西洋医学とは異なる東洋医学ならではの世界観を広く学ぶ科目。
「中医鍼灸学(鍼灸弁証学)Ⅰ・Ⅱ」
東洋医学の診断学で,八綱・六淫・気血・十二経絡・臓腑などの弁証を用い,治療法や鍼灸選穴を学ぶ科目。
「中医鍼灸学各論」
 主要な個々の病気(病名)を学ぶ科目。
「中医鍼灸学実習」
 上記の科目で学んだことを臨床に応用しての針灸治療を行う。
 
「総合臨床実習Ⅰ・Ⅱ」「臨床見学実習」「臨床体験実習」「鍼灸学研究法演習Ⅰ・Ⅱ」
 【受験生のみなさんへのメッセージ】
鍼灸医学は3千年以上の実績に裏付けられており,全科の病気に対応できます。
まさに,臨床実践と智恵の集積です。この素晴らしい東洋医学の鍼灸を一緒に勉強しましょう。楽しみに待っております!

◆鍼灸学科の教員紹介ページはコチラ>>

宝塚医療Blog

月別アーカイブ

  • オープンキャンパス
  • スポーツを仕事に!2つの国家資格を同時に取得可能!医療系国家資格×体育教員免許
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 就職/資格
  • 東洋医学のおはなし
  • 宝塚医療大学公式スマホアプリ
  • 宝塚医療blog
  • 附属治療院
  • 平成医療学園グループサイト
  • 在校生の方へ
ページトップへ