宝塚医療Blog

鍼灸学科4年生 【卒業研究中間発表】が行われました

  • DATE: 2014/6/9
  • CATEGORY: 鍼灸学科鍼灸について
  • TAG: 宝塚医療大学 鍼灸師
 
こんにちは!
6月に入って、暑い日が増えてきましたね。
こんな時は梅雨の曇り空も涼しく感じられて、恋しくなります。

さて、先日 鍼灸学科4年生が鍼灸学研究法(卒業研究)の中間発表を
行っていましたので、見学してきました( ,,^ω^人^ω^,, )


  

進行役も学生が務め、和やかな雰囲気でスタート(*´ω`*)
先生からの鋭い質問をなんとかこなし、激励もいただき、中間発表は終了しました。
4年生のみんな、お疲れ様でした!


【東洋医学のおはなし】に平田耕一先生が登場

  • DATE: 2014/3/11
  • CATEGORY: 鍼灸学科鍼灸について
  • TAG: 宝塚医療大学 鍼灸師

 東洋医学の世界をより良く知っていただく為のサイト
【東洋医学のおはなし】内の「私のこの一穴」に
鍼灸学科、平田耕一先生のコラムが登場しました!


  平田耕一先生は、はり師きゅう師・柔道整復師であり、
日本の鍼灸界に【舌診断法】【中医学理論】を広めた第一人者です。
在学生からも、高校生の時に平田先生と出会い、鍼灸の世界に強く惹かれ
本学に入学を決めたという話を聞きます。


▼こちらより、平田先生の文章を読むことができます。
書き出しから、わくわくするような内容です。ぜひ!

http://www.tumh.ac.jp/acupuncture/column/
 

【東洋医学のおはなし】に新しい内容が増えました☆

  • DATE: 2014/1/17
  • CATEGORY: 鍼灸学科鍼灸について
  • TAG: 宝塚医療大学 鍼灸師
 
はりやお灸など、東洋医学の奥深さを楽しくご紹介する
【東洋医学のおはなし】に新しい内容が増えました☆


はり師きゅう師である鍼灸のプロ!鍼灸学科の教員が、
ちょっとしたネタとして使える知識をお伝えする【鍼灸豆ネタ帳!】
そして、経験を元に自身の体験を書いた【私のこの一穴】
今後も随時更新していきますので、お楽しみに(●´∀`●)

鍼灸学科を希望される方も、そうでない方も
宝塚医療大学をより深く知っていただけるページになっていますので、
ぜひご覧ください!

【東洋医学のおなはし】
http://www.tumh.ac.jp/acupuncture/index.html

鍼灸と看護の繋がりとは?

  • DATE: 2013/12/13
  • CATEGORY: 鍼灸学科鍼灸について
  • TAG: 宝塚医療大学 鍼灸師
 
12月6日、大阪国際会議場で行われた、第33回日本看護科学学会学術集会で
本学の鍼灸学科丸山先生が、日頃の研究を発表されました!
丸山先生から、コメントをいただきましたので、ご紹介します
(* ゜∀`*)ノ


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

12月6日、第33回日本看護科学学会学術集会にて、
「看護師の活用を目指した舌観察アセスメントツール作成の試み(第1報)」と題し
発表を行なってきました。
看護活動において、看護師が東洋医学的知識を応用して患者の体調を把握することは
とても意義のあることと思います。

    
 
共同研究者の丸山真記子先生は、法学部と看護学部および看護大学の大学院を
卒業した経歴の先生です。先生は看護活動の現場において、
現代看護学の知識のみではなく東洋医学的思考による、観察技術が加わることによって、
より良い患者よりの看護活動ができると考えています。
なかでも、舌を観察し体調を把握する「舌診」は最も有効な方法であるといえます。

今回の発表は、難しい舌診を看護活動に応用できるように、舌観察アセスメントツールとして作成し、
看護経験の短い看護師の方にも正しく判断できるようにしたものです。
多くの看護師の方々が活用していただけることを望むものです。
また、医学部においても、近年、医師の東洋学教育が行われている現状からすれば、
看護師が東洋医学的知識を身につけ医師とともに、患者を観察することが必要になることと思われます。
 
丸山 彰貞
 
+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


最近ガンの治療などにも、痛みの緩和ケアとして鍼灸を取り入れる病院が
増えつつあるそうです。
東洋医学と西洋医学の融合により、病に苦しむ人が一人でも少なくなるよう願っています!

丸山先生が幼稚園で東洋医学講演!

  • DATE: 2013/12/4
  • CATEGORY: 鍼灸学科鍼灸について
  • TAG: 宝塚医療大学 鍼灸師

 11月27日(水)宝塚医療大学から、ほど近い宝塚厚生幼稚園で、
通園する子どもたちの保護者を対象に鍼灸学科の丸山先生が講演を行いました!

子どもたちの健やかな成長を願うには、やはり健康が第一ですね(*´∀`*)
今回、丸山先生は東洋医学の知識を元にした【舌】で日頃の
体調チェックをする方法についてなど、みなさんにお話ししていました。




普段、子どもたちの体調にはしっかりと気を配っているお母さんでも
自分のこととなると、ついつい後回しにされることが多いようです。
丸山先生からは、「子どもたちと一緒に舌を見せ合い、病気の予防に役立ててください!」
との言葉がありました。




はり治療には、子どもたちでも受けることのできる小児鍼があるんですよ。
古くから行われている方法で、例えば突起状のもので肌を押しツボを刺激する方法などがあります!
講演では、スプーンを代用してツボを刺激する方法をお話していました。

宝塚医療大学の附属治療院でも、小児神経症、小児喘息、アレルギー性湿疹、
夜尿症などの小児鍼の治療を行っています。
今、鍼灸業界では美容鍼が人気ですが、鍼の用途は広い☆
東洋医学は奥が深いのが魅力です(*′艸`)*′艸`)*′艸`)

宝塚医療Blog

月別アーカイブ

  • オープンキャンパス
  • 和歌山保健医療学部
  • スポーツを仕事に!2つの国家資格を同時に取得可能!医療系国家資格×体育教員免許
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 就職/資格
  • 東洋医学のおはなし
  • 宝塚医療大学公式スマホアプリ
  • 宝塚医療blog
  • 附属治療院
  • 平成医療学園グループサイト
  • 在校生の方へ
ページトップへ